意外と知らない麻酔の違い

みなさんこんにちは KBMです 🌟!

今回は意外と知ってるようで知らない
局所麻酔 睡眠麻酔 全身麻酔の違いについてです 😲❣

手術を行うにあたって
知っておかないといけない部分ですので
専門医並みに分からなくてもある程度の違い
の把握をして頂けたらと思います👀🔍

局所麻酔

全に意識がある状態の麻酔法
手術する場所・施術する場所に痛み止めの注射を打ち
1部分の痛みを除くという事になります🌟

比較的手術・施術時間の短い場合に使用されるので
長時間の手術には適していません✖😫

最初は感覚も鈍くなるが時間が経てば元に戻ります
ですが、外から見えない所にさすので
痣ができたりしこりができたりする可能性は多いです💦


睡眠麻酔


名前の通り、睡眠を主とする麻酔方法
体を睡眠状態にして手術を行います。

鎮痛剤も併用するので
痛み止め(鎮痛剤)と睡眠の状態になります。
なので痛みは感じません⭕

また自分自身で呼吸をしているので、全身麻酔との
違いにもなります🤔

注意点としては強い痛みがある場合は覚める事もあり、
過度の痛みを超える手術には向いていないという事です🙅❕
(目が覚めることはめったにないですが稀にあります。 )



麻酔が抜けてきて声が聞こえるようになり
手術が終われば起こされます‼
局所麻酔との違いは絶飲食時間があること⏰


胃の中に食べ物や水がある状態だと
肺や気管内に入ってしまい 肺炎を起こしたり
窒息して呼吸ができなくなるという
大変危険な状態になりますので
必ず禁食して下さい💊

手術前食べてしまったけど…
手術ができなくなると思って黙っていたら
自分の体に大きな危険を伴いますので注意してください✖

全身麻酔


簡単にお伝えすると完全に意識をなくす麻酔方法です。


麻酔をする最初の方法が
静脈麻酔: 点滴から薬が入って眠る
吸入麻酔:マスクで麻酔薬を吸入しながら眠る
の2つの方法があります🌟


手術室に入った後 心電図・血圧計を付け 点滴を取ります。

その後麻酔がスタート
筋弛緩薬を投与して全身の筋肉の弛緩


喉の奥にある気管に気管チューブを口 又は 鼻から通して人工呼吸を行います👩
なぜ気管チューブを通すのかというと、
全身麻酔中は自分自身で呼吸をすることが出来なくなるため
人工呼吸が必要となるんです⚡


手術前チェックで揺れている歯がないか確認します!
揺れている歯があったり差し歯などがある場合
管を通すときに金属の機械・道具で口を開けるので
歯に当たりが折れてしまう可能性があるため
必ずチェックをして下さい❕

人工呼吸の管で声帯が圧迫されるため、
麻酔直後はのどの痛みや声がかすれることが
1週間程続くことがあります。
また、全身麻酔は手術中に目が覚めることも痛みを感じることもありません。
手術が終ってから麻酔薬を中止し、

麻酔から覚まし自分自身で呼吸ができ、
血圧も酸素数値も安定していることを確かめた後に人工呼吸を外します
全身麻酔は目が覚めた後、ガスが抜けるまで
吐き気・めまいなどがあるため手術後
しっかり深呼吸を行ってください


焦ると呼吸がよりしにくく、吐き気も増加します 😢


全身麻酔も絶飲食時間ございます!
何度もお伝え致しますが、必ず守ってください✊!



知ってるようで知らない麻酔💉
どの手術に適しているかは麻酔医の先生の元で
行いますのでご安心くださいね🌷



KBMでは
お客様ひとりひとりに合った
病院、手術方法を紹介させていただきます

スタッフは全員日本人日本人ならではの
おもてなしの精神で誠心誠意お客様のお手伝いをさせて頂きます🌟


弊社KBMは韓国保健福祉部の外国人患者誘致医療機関に
登録されている政府認定の会社でございます💛


少しでも気になることがございましたら
お気軽にLINEでご連絡ください。
LINE ID –> @k-beautymakerjp
TWITTER –>@kbeautymake
INSTAGURAM –>kbeautymakerjp

 

コメントを残す